恋愛

結局女性の勝負色は何色なの?

こんばんはこんにちは、Tです!

 

女性の方は普段何色を身に付けていますか?

普段からあまり派手な格好はしないと思うので、おそらく黒や白やグレーやベージュなどのような色を身に付けているかと思います。

 

しかし恋人との記念日デートや誕生日、合コンやお見合いなどの大事な場面でそのような色を好んで身に付けることは少ないかと。

それは、自分を良く見せたい思いや相手から好かれたい、魅力的な女性で見られたいという思いがあるからです。

 

では自分を良く見せたり、相手から好かれたり、魅力的な女性で見られる色は何色なのか。

 

結論から言うと「赤」です。

なぜ赤色はそのように見られるのか説明していきます。

赤色は女性の魅力を高める

一般論として「赤色は女性の魅力を高める」というデータがあります。

 

ロチェスター大学のエリオット博士らは、女性の服の色が男性に与える影響を調査しています。

博士らはコンピュータ画像処理で、女性の服の色をさまざまに変化させ、どの色がより男性にアピールできるかを調べました。

その結果、赤色がもっとも魅力的に見えることがわかった。

 

服の色がなくても、アクセサリーや背景を赤に変えても同じ効果が得られました。

女性同士には赤色で魅力が高まるという効果はありません

赤色が魅力的に見えるのは文化のせい?

先程の研究については以下の批判がありました。

  • 調査対象がアメリカやヨーロッパの人に限られていた

 

人の好みは文化や環境の影響が無視できません。

つまり、先程の結果は「赤」が内包する独特の質感ではなく、文化的背景から生まれたものではないかという批判が成り立ちます。

 

エリオット博士らはこうした反論に対して、見事な回答を提示しました。

博士らが着目したのは、西アフリカの内陸国ブルキナファソの先住民です。

文化的要因を排除

この民族は現在でも欧米型の文化から距離を保っていることが挙げられるため、文化的な要因がほぼ排除できます。

赤を不吉な色としている

ブルキナファソを選んだもう1つの理由は、彼らの文化圏では赤は「不吉な色」とされ、嫌われていることです。

赤色が女性の魅力を高めるのは世界共通

エリオット博士らは、そんなまったく異なる文化特徴を備えたブルキナファソの先住民でさえ、やはり赤色が女性の性的魅力を高めることを証明しました。

赤の効力は万国共通のようです。

 

エリオット博士らは次のように推測しました。

赤の魅力は原始的に獲得された性的信ではないか。

恋心で照れたり、性的に興奮したりすると顔から胸元にかけて赤味がかります。

男性はそうした女性の身体変化に無意識に気づき、情報として自然と活用しているのだろうというわけです。

女性の「赤さ」は妊娠しやすさの信号

別の実験によれば、排卵日が近づくと地肌の色調が明るくなることも示されています。

さらに、排卵にあわせて露出度の高い服を着る傾向も高くなります。

つまり女性の「赤さ」は妊娠しやすさの信号となります。

 

となれば、女性にとって赤色の服を着ることは潜在的な性的アピールと直結します。

勝負の時は赤を着よう

むやみに男性に性的アピールする行為はそれほど有益ではありません。

人は普段から赤によるアピールを本能的に避けているため、街中で赤色の服を見る機会があまりありません。

 

そのため記念日デートや誕生日、合コンやお見合いなどの非常に大事な場面で赤を着ることにより、相手から魅力的に見られるようになります。

赤色の服を持っていない場合は、アクセサリーやカバンなどの小物を赤にするだけでも効果的ですので、ぜひ試してみてください。

ABOUT ME
T@ペー
T@ペー
24歳の凡人サラリーマン。Fラン大学→地方の中小企業就職/マッチングアプリで出会った経験から、マッチングアプリ/汗っかきのため汗系について発信しています!週3日のペースでブログ更新中です。Twitterでも発信しており、フォロワー数3,550名を超えました。よろしければフォローもよろしくお願いしますm(_ _)m