【まとめ】電車で汗が止まらない原因と対処法を紹介!

【まとめ】電車で汗が止まらない原因と対処法を紹介!
電車に乗ると高確率で汗が出てくる・・・
車内が暑いわけでも人が多いわけでもないのに、なぜか汗が噴き出してくるから困る。
服とか化粧に影響が出るし、何より周りの目が気になって仕方ないし。
ほんとに恥ずかしい。。。

こういった悩みに、めちゃめちゃ汗っかきなぼくが答えます。

本記事の内容は次のとおりです。

  • 電車に乗っても汗をかかない方法を紹介
  • 電車で汗が止まらない原因を解説

僕はもともと汗っかき体質なので、夏だけでなく冬の電車に乗ってもほぼ100%の確率で汗が出ていました。

電車内は密室で時間帯によっては人も多いので、ちょっと汗をかくだけで周りの視線が気になりだし、なおさら汗が止まらなくなりますよね。。。

実際ぼくは終電で帰るときに電車内で大量の汗をかいてしまい、周りからの視線と恥ずかしさで最寄駅の4つ手前で降り、歩いて帰ったことがあるほど・・・。

さすがにこのままずっと電車内で汗をかき続けると、生活に影響が出てきてしまうと感じたので

  • 電車に乗っても汗をかかない方法はないのか
  • なぜ電車に乗ると汗が止まらないのか

人並み以上に汗っかきの僕が見つけた対処法などを紹介していきますが

初めに答えを言うと、汗を1滴もかかなくなる方法は「テサランフェイス」を使うだけです。

テサランフェイスの特徴は下記のとおりで、市販で販売されている制汗剤と違い、医薬部外品のため、汗対策に特化しています。

  • 楽天市場の総合ランキングで1位を獲得している
  • 2億商品の中からトップに選ばれている
  • 医薬部外品なので、顔汗を完璧に抑えることができる
  • 化粧崩れやテカリ、小ジワも抑える
  • 1年間の全額返金保証付き

\朝3分塗るだけで電車で汗が出なくなる!/
テサランフェイスはこちら👉

電車に乗っても汗をかかない方法を紹介

電車に乗っても汗をかかない方法を紹介

電車に乗ったときに、汗をかかないようにするにはどうしたら良いのか。

電車に乗っても汗をかかなくなった僕の実体験を踏まえつつ紹介していきます。

電車に乗る前に制汗剤を使う

電車に乗るたびに

「また汗かいちゃいそうで不安だな・・・」

「周りから変な目で見られてそうで嫌だなぁ・・・」

「汗で髪とか化粧とか崩れるし、ほんとに電車無理・・・」

と思うのは、本気でシンドイですよね。。。

満員電車で人口密度が高いときはもちろん、あまり人がいない時や暑くもない時でも、電車内で汗が出るのは、勘弁してほしいですよね・・・

なので、電車に乗る前に汗をかく箇所に制汗剤を使い、汗が出ないようにしましょう!

事前に汗をかかないよう対策をしていれば、どんなに電車内に人が多く、暑くても汗をかきません。

制汗剤を使う時に重要なのは下記の3点。

  1. 家を出る前に使う
  2. 市販の制汗剤よりも専用の制汗剤を使う
  3. 汗をかく箇所によって制汗剤を使い分ける

上記の3点を実際に試すだけで、周りの人と同じように電車内を過ごすことができますよ!

家を出る前に使う

駅のホームやトイレなどで制汗剤を使っても汗を止めることはできません。

家や会社を出る前に使うことで効果が期待できます。

制汗剤は使ってから3〜5分などと、短い時間の間に効果が出る物もありますが、おそらくそれは「汗が出ているのを止める制汗剤」です。

「これから電車に乗るから汗が出そうで嫌だな・・・」のような時に、事前対策として使う制汗剤は、10〜20分ほど時間をおかないと効果が発揮されません。

そのため駅に着いてから制汗剤を使うのではなく、家や会社を出る前に使うことがオススメです。

また汗をかかないようにする制汗剤は、基本的に1日中ずっと汗を止める効果があるので、朝1度だけ使えば、電車に乗っているかどうかは関係なく、ずっと汗を止めることが可能です!

市販の制汗剤よりも専用の制汗剤を使う

電車に乗る前(家を出る時)に制汗剤を使えば良いのはわかったものの、実際どんな物を使えば良いのか悩みますよね?

制汗剤にも

  • クリームタイプ
  • スプレータイプ
  • ジェルタイプ

など様々な種類がありますし、薬局で売っている市販の物で良いのか、それとも専用の物が良いのか。

悩むべきポイントはかなり多いです。

実際に電車での汗を止めた僕の実体験を話すと、下記の制汗剤を選ぶのがオススメ。

  • 市販の制汗剤よりも、専用の制汗剤を選ぶべき
  • 汗をかく箇所によって、制汗剤を使い分けるべき

薬局などに売っている市販の制汗剤は「化粧品」に分類されているため、効果が薄い、または期待できない物がほとんどです。

一方で、専用の制汗剤は「医薬部外品」に分類されており、汗を抑えるまたは止める効果を持った成分が多く配合されているため、汗対策に特化しています。

たとえば朝3分だけ「テサランフェイス」を使用すれば、1日中ずっと顔汗を抑えることが可能です。

テサランフェイスの特徴は以下のとおり。

  • 楽天市場の総合ランキングで1位を獲得している
  • 2億商品の中からトップに選ばれている
  • 医薬部外品なので、顔汗を完璧に抑えることができる
  • 化粧崩れやテカリ、小ジワも抑える
  • 1年間の全額返金保証付き

実際ぼくもこの「テサランフェイス」を使ったことで、電車内での汗を完璧に止めることができたので、かなりオススメです。

朝3分ほど、おでこや耳の裏、もみあげなどの汗が出てくる箇所にテサランフェイスを塗るだけで

「また汗かいちゃいそうで不安だな・・・」

「周りから変な目で見られてそうで嫌だなぁ・・・」

「汗で髪とか化粧とか崩れるし、ほんとに電車無理・・・」

といった不安を、100%排除することができ、周りの人と同じように電車内で汗をかかずにすみます!

ストレスの原因である「汗」を完璧に抑えるには、テサランフェイスのような「汗対策に特化した制汗剤」を使うのが1番、効率&効果的です。

テサランフェイスについて詳しくは、毎日出ていた顔汗を止めた方法を紹介【マジで人生が変わった】で解説しているので、ぜひご覧ください。

\朝3分塗るだけで電車で汗が出なくなる!/
テサランフェイスはこちら👉

汗をかく箇所によって制汗剤を使い分けるべき

家を出る前に専用の制汗剤を使うことで汗を止めることができますが、では電車に乗っている時に顔・背中・脇の3箇所から汗が出てしまう人はどうすれば良いのか。

結論ですが、汗をかく箇所によって制汗剤を使い分けるべきです。

理由としては以下のとおり。

  • 汗への効果が違う
  • 汗以外にも抑えることができる

たとえば、顔汗用と脇汗用の制汗剤では効果が違います。
顔汗用の制汗剤は汗やテカリを抑えることができ、脇汗用の制汗剤は汗とニオイを抑えることができます。

脇汗をかくと気になるのは「汗とニオイ」なのに、顔汗用の制汗剤を使ってしまうとニオイまではカバーしてくれません。

汗をかくことによる副作用的なことまでカバーするためにも、汗をかく箇所によって制汗剤を使い分けるべきです。

とはいえ、「制汗剤にそんなお金かけられないわ!」と思う人は「トリムクール」がオススメですよ。

トリムクールは顔・背中・脇など、どこに使っても汗を止めつつ、ニオイやテカリまでも抑えることができる万能な医薬部外品の制汗剤です。

僕もトリムクールを使い、顔汗と背中汗の両方を抑えることができたので、かなり重宝しています。

また、全額返金保証がついているので実質無料でトリムクールを使うことができるのも嬉しいですね。

トリムクールについては下記の記事で詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

正しい背中汗対策
【経験済み】背中汗の対策にはトリムクールが最強すぎます!背中汗で悩んでいませんか?背中汗が原因で恥ずかしい経験をしたり、着れる服が限られてきたり、臭いが気になったり。そんな経験をした人は誰しも「背中汗を気にすることなく生活したい」と思っていますよね。そこで、背中汗がひどい私が実際に試して効果があった制汗剤を、紹介します。...

ハンカチを常備しておく

また、電車に乗る時に汗をかいてしまう人は、常にハンカチを持っておくのが良いですね。

本記事で紹介したように、家を出る前に制汗剤を使ったとしても、もし効果が出なかったり、間違った使い方をしてしまった時には汗がダラダラと出てしまいます。

そのような万が一の時のためにハンカチを持っておくのが良いですし、「ハンカチを持っている」というだけで、どこか気持ちが楽になりますよ。

電車で汗が止まらない原因を解説

電車で汗が止まらない原因を解説

ではそもそもですが、「なぜ電車に乗ると汗が止まらないのか」について解説していきます。

精神性発汗

ストレスを強く感じる場面や緊張しているときに汗が出る現象です。

おそらく電車に乗っているときに汗が出ている人は、下記のような場面でも汗をかいていませんか?

  • 人前でプレゼンや発表をするとき
  • ミスをして怒られているとき
  • 初対面の異性と話すとき
  • 店員さんから話しかけられたとき

これらの場面で汗が出る人は「精神性発汗」の可能性が高いです。

強いストレスを感じたり緊張する場面で汗が出る人は、その瞬間に交感神経が高まり汗を出す汗腺の働きがより活発になります。

そのため特に暑いわけでもない普通な場所でも汗が出てしまいます。

「精神性発汗」については、下記の記事でより詳細に解説しているのでご覧ください。

緊張汗で悩んでいる人は多い
【衝撃】緊張汗を完璧に対策したら汗を全くかかなくなった緊張する場面で、大量の汗をかくことはありませんか?熱くもないのに汗が出るのは、なぜなのか。また、緊張汗が出た時の対策法はなにかないのか。本記事では、上記の「なぜ」について解説します。緊張汗で悩んでいる人は、ぜひご覧ください。...

止まると汗が出るのは普通なこと

歩いている時は汗が出ないのに、電車の中で座ったり立ってたりするだけで急に汗が出てくるのは皮膚温が上がっているからです。

血液は筋肉が使われている部分に流れていきますが、動かなくなったり止まったりすると筋肉に血液が流れなくなります。

すると、筋肉に流れていた血液は筋肉ではなく皮膚にいくため、皮膚温が上がっていき汗が出ます。

また、歩いているときに汗が出ないのは気づいていないだけです。
動いている間にも汗は出ていますが、汗が蒸発しているためあまり気づきません。

歩いている時は普通なのに、急に止まると汗が出てくるのは人として普通なことなので、仕方ありませんね。

まとめ:電車内で汗が止まると人生が変わる

まとめ:電車内で汗が止まると人生が変わる

電車内で汗をかかなくなると人生が変わります。

これはぼくの実体験なのですが、電車で汗をかかなくするために「テサランフェイス」を使った結果、どこで何をしてようが汗が出なくなりました。

今まではちょっと動いただけで汗がダラダラと垂れてきて、めちゃめちゃ恥ずかしい思いをしていましたが、今では1滴も垂れてきません。

面接や初対面の女性と話すときはもちろん、辛いものを食べた時でさえ汗が出なくなりました。

汗が止まれば人生は大きく変わります。

あなたも周りの人と同様、汗をかかない人生を歩んでみませんか?

\朝3分塗るだけで電車で汗が出なくなる!/
テサランフェイスはこちら👉

ABOUT ME
T@ペー
T@ペー
23歳の凡人サラリーマン。Fラン大学→地方の中小企業就職/マッチングアプリで出会った経験から、マッチングアプリ/汗っかきのため汗系について発信しています!週3日のペースでブログ更新中です。Twitterでも発信しており、フォロワー数3,550名を超えました。よろしければフォローもよろしくお願いしますm(_ _)m