人生

【クソ楽】交通量調査ほどコスパ最強のアルバイトはない!

【クソ楽】交通量調査のバイトほどコスパ最強なものはない
交通量調査のバイトって本当に楽なの?
1日でどのくらい稼げるの?

こんばんはこんにちは、交通量調査のバイト経験者Tです。

本記事では、以下の内容について解説します。

  • 交通量調査の実態。
  • 交通量調査は本当に楽なのか。
  • 交通量調査のバイトをする時に必要なものは何か。
  • 交通量調査のバイトはどこから申し込めば良いのか。

上記のとおり。

交通量調査のバイトというと、楽に稼げるという印象がありますよね。

実はあなたのイメージ通りで、10種類ぐらいのバイトを経験した私から言わせてもらうと、交通量調査のバイトほど楽でコスパの良いものはありません。

交通量調査のバイトをしてみたいと思っていたり、興味がある人は、ぜひ本記事をご覧ください。

交通量調査のバイトはクソ楽です【経験談】

交通量調査のバイトはクソ楽

短期で稼ぎたいのならば、交通量調査が1番ですね。

というのも、体力的にも精神的にも楽ですし、時給も高いです。

交通量調査のバイトの実態

交通量調査の仕事内容や時給などに関しては、次のとおりですね。

  • 仕事内容:車や歩行者や自転車などの交通量を調査。
  • 時給:1,000〜1,200円ぐらい(都市により異なる)
  • 勤務時間:7時〜19時まで。
  • 服装・髪色:自由。

こんな感じです。

では、順番に解説していきます。

仕事内容

車や歩行者や自転車などの交通量を、カチカチとカウントするだけです。

というのも、全て1人で行うのではなく、何人かで分担して行います。

  • Aさん:左からくる車だけをカウント。
  • Bさん:左からくる自転車だけをカウント。
  • Cさん:前からくる車だけをカウント。
  • Dさん:前からくる自転車だけをカウント。
  • Eさん:右からくる車だけをカウント。
  • Fさん:右からくる自転車だけをカウント。

ざっくりですが、上記のとおりで、1時間当たりどのくらい車や歩行者が通るのかを記録し続けます。

また、他に何かやるわけでもないので、これらの担当を持ち回りで行い、およそ2周ほどすれば、時間的に業務終了となります。

さらに、多少カウントする数を間違えても怒られません。

というのも、現場監督みたいな人がいますが、怒鳴ったり叱ったりすることもないので、誰でもできますよ。

時給

交通量調査の時給は、約1,000〜1,200円ですね。

「カチカチするだけなのに高すぎじゃない!?」と思いますが、以下のような理由があります。

公共機関やマーケティング会社などが、道路工事や建設や店舗の集客のための重要なデータを集める事前調査として行なっている。

このような理由から、簡単でも価値の高い仕事となっているため、時給も高く設定されています。

また、給与の支払いも「当日現金払い」なので、口座情報の登録やめんどくさい手続きなど、必要ありません。

とはいえ、給与をもらう際に必要な物もありますので、後ほど説明します。

勤務時間

約12時間ものあいだ拘束されますが、全く辛くないです。

というのも、交通量調査は休憩がマメにあります。

  • 7時〜9時まで交通量調査。
  • 9時〜10時まで休憩。
  • 10時〜12時まで交通量調査。
  • 12時〜13時まで休憩。

上記を19時まで繰り返し行います。

なお、1つ欠点を挙げるとすると、休憩場所が確保されていないということですね。

車で来た人は車の中で休憩しますし、公共交通機関を使って来た人は、ぶらぶらしながら時間を潰します。

車で来ないと、近くのコンビニやスーパーで時間を潰すことになり、かなりしんどいので、交通量調査のバイトをするならば、車で行くことをおすすめします。

服装・髪色

どちらとも自由です。

スーツだろうが、私服だろうが、ジャージだろうが問題ありません。

髪色も、金髪だろうが、銀髪だろうが、レインボーだろうが問題ないです。

ただ、蛍光のゼッケンとヘルメットが支給され、身につける必要があるので、注意が必要です。

めちゃめちゃ髪型をセットしたり、おしゃれな格好で行ってもいいですが、全て無駄になってしまいますからね。

交通量調査は本当に楽なのか

繰り返しですが、交通量調査のバイトほど、楽でコスパの良いものはありません。

理由については、さきほどの説明のとおりなのですが、もう少し詳しく書くと、以下のような感じです。

  • 1日で約10,000円稼ぐことができる(当日支給)
  • 他のバイトと比べて、全く疲れない。
  • 単純作業なので、誰でもできる。
  • 怒られることがない。
  • 2時間に1回休憩がある。
  • 服装・髪色が自由なので、気にする必要がない。

上記のとおり。

「どうしても今すぐお金が欲しい」とか「暇だからお金を稼ぎたい」という人は、交通量調査のバイトが最強ですよ。

交通量調査のバイトに必要な物は?

基本的に持って行くべき物は、次のとおりです。

  • 身分証明書 → 始業前に確認するため。
  • ハンコ(シャチハタ可) → 給料をもらうため。
  • 防寒具 → 寒さ対策のため。

最低限これらを持っていけばOKです。

防寒具に関してですが、交通量調査で1番の敵である「寒さ」を防ぐために必須です。

特に、秋〜冬にかけて交通量調査を行う場合は、防寒具がないと、確実に体調を崩すので、必ず持っていくべきですね。

また、交通量を記載するためのペンや消しゴム、バインダーなどは支給されるため不要です。

交通量調査のバイトの申し込み先

交通量調査のバイトをしたいのならば、マッハバイトがかなりおすすめです。

というのも、交通量調査は単発の仕事なので、派遣会社に登録する必要があります。

とはいえ、数多くある派遣会社から、扱っているサイトを見つけるのは大変ですよね。

また、交通量調査のバイトを扱っているサイトが少ないのも事実です。

しかし、マッハバイトでは交通量調査のバイトを扱っていますし、他にもユニークなバイトがかなり多くあります。

  • 倉庫の片隅でKをたくさん書くバイト。
  • 角でパンをくわえながら待機するバイト。
  • 自宅のトイレを封鎖するバイト。
  • 新しいマフラーの巻き方を開発するバイト。

上記のとおり、あまり目にしたことがないようなバイトが豊富ですし、繰り返しですが、交通量調査のバイトもあります。

マッハバイトへの申し込み方

登録〜応募までの手順は次のとおりです。

  1. マッハバイトへアクセスする。
  2. 個人情報(名前・年齢・住所・職業など)を入力し、登録。
  3. 登録完了後に「交通量調査」と検索。または「地域」から探す。
  4. 見つかったら「応募する」を選択し、応募する。

これだけの手順でOKです。

とはいえ、はっきり言って、交通量調査のバイトはなかなか見つかりません。

というのも、交通量調査は非常に人気があり、募集から締め切りまでが早いです。

募集がきたかと思ったら、すでに締め切っていたなんてことも。。。

そのため、こまめにチェックし、見逃さないようにする必要があります。

交通量調査のバイトだけで最大2万円もらえる

交通量調査のバイトで最大2万円

というわけで、今回はこのくらいにします。

最後にかなりお得な話しをすると、交通量調査のバイトを1日するだけで、最大2万円もらえます。

どういうことかと言うと、さきほど紹介したマッハバイトから申し込み、バイトが決まればマッハボーナスとして「最大1万円」もらうことが可能です。

そのため、交通量調査のバイト代1万円+マッハボーナス1万円=2万円となります。

ということで、ただ申し込むだけでなく、ぜひマッハボーナスと組み合わせて、楽な仕事でいっぱい稼いじゃいましょう。

〜関連記事〜

単発のバイトを始める際に、登録しておくべきサイトをまとめています↓

【ガチ厳選】単発のバイトを始めるのにおすすめのサイトを5つ紹介!
【ガチ厳選】単発のバイトを始めるのにおすすめのサイトを5つ紹介! こういった疑問に答えます。 本記事の内容は以下のとおりです。 単発のバイトを始めるのにおすすめのサイトは5つ...
ABOUT ME
T@ペー
T@ペー
24歳の凡人サラリーマン。Fラン大学→地方の中小企業就職/マッチングアプリで出会った経験から、マッチングアプリ/汗っかきのため汗系について発信しています!週3日のペースでブログ更新中です。Twitterでも発信しており、フォロワー数3,550名を超えました。よろしければフォローもよろしくお願いしますm(_ _)m