【衝撃】緊張汗を完璧に対策したら汗を全くかかなくなった

緊張汗で悩んでいる人は多い

こんにちは、毎日緊張汗がひどくて生きづらかったTです。

緊張汗について、下記のような悩みを抱えていませんか?

  • 緊張する場面で、顔から大量の汗をかいてしまう
  • 周りに見られて恥ずかしい
  • なぜ緊張汗が出るのか知りたい
  • 緊張汗をかいたときの対策法やかかない対策法が知りたい

本記事を書いている私は、緊張汗に悩まされていた1人です。非常に汗っかきですが、私がかく汗の大半は「緊張汗」によるもの。。。

具体的には次の場面で汗が出ます。

  • 自分がミスをして怒られている時
  • 周りから注目を集めている時
  • 密室で上司と話しをしている時
  • 初対面の異性と話しをする時
  • 店員さんに声をかけられた時

このような経験をしている人は、意外と多いはず。

そのため本記事では「なぜ緊張汗が出るのか」にフォーカスしつつ、「緊張汗への対策」についてもプラスして紹介するので、緊張汗に悩んでいる人はぜひご覧ください。

緊張汗で悩んでいる人は意外と多いです

緊張汗で悩んでいる人は多い

緊張汗が出る原因として、次の2点について解説します。

  1. 極度の緊張とストレス
  2. 自律神経の乱れ

主に上記が原因だと考えられます。

緊張汗というぐらいなので、ただの暑さではなく、精神的な面がかなり作用されますね。

極度の緊張とストレス

自分の身を守るために、汗が出るとされています。

もともと人間は、狩りをしたり木を登ったり、敵から逃げたりして生活を送っていましたよね。

その際に、手足がすべらないようにするために、湿り気の役割を果たしていたとされています。

そのため、以下のような場面で汗が出るのでしょう。

  • 自分がミスをして怒られている時
  • 密室で上司と話す時
  • 初対面の異性と話す時
  • 周りから注目を集めている時
  • 店員さんに声をかけられた時

上記の場面では、自分を守るための防衛本能が働くため汗が出ます。

要するに「緊張やストレス」を自分が感じた際に出る汗は、自分を守るための本能的なものです。

自律神経の乱れ

自律神経はさきほどの「極度の緊張とストレス」が原因で、乱れることが多々あります。

まず自律神経とは、下記のことです。

呼吸や血液循環、代謝、内臓機能、ホルモン分泌など、身体の生態機能をコントロールするために、意思とは関係なく働いているのが、自律神経です。

自律神経には次の2種類があります。

  1. 交感神経:汗を分泌させる作用がある
  2. 副交感神経:汗を落ち着かせる作用がある

上記を見てわかるとおり、汗が出る原因となるのは、①の交感神経です。

極度の緊張とストレスをかかえると、交感神経が過敏になり、大量の汗が出てしまいます。

適度な緊張やストレスは問題ないのですが、極度の緊張や大きなストレスになると、交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまい、自律神経の働きが乱れます。

また、交感神経が過敏になってしまうと、副交感神経の働きが抑えられるため、汗をなかなか落ち着かせることができなくなります。

というのも、交感神経と副交感神経はバランスよく働くことで、病気体質を防ぐことや、健康寿命が延びるわけです。

つまり、両方の神経とも過敏になることは、まずないため、一方の神経は自然と働きが抑えられます。

緊張汗への対策は2種類あります

緊張汗の対策は2つある

緊張汗への対策として、次の2点について解説します。

  1. 緊張汗が出る前に対策する
  2. 緊張汗が出ている最中に対策する

上記のとおり。

①の「汗が出る前に抑える」をしていれば、汗が出ることはありません。とはいえ、もし出てしまった時のために、②の「汗が出ている最中に抑える」も解説します。

緊張汗が出る前に対策する

基本的に汗が出る前に対策をしておけば、緊張汗が出ることはありません。というのも、緊張汗が出る場面を、自分自身で理解していますよね。

繰り返しですが、例えば私は次のような場面で緊張汗が出ます。

  • 自分がミスをして怒られた時
  • 周りから注目を集めている時
  • 密室で上司と話している時
  • 初対面の異性と話す時
  • 店員さんに声をかけられた時

上記の場面で汗が出る人は、わりと多いですが、これらの場面はいきなり訪れるわけではなく、事前に理解していることですよね。

緊張汗が出る場面が訪れる前に「事前対策」を行っておけば、緊張汗を抑えることが可能です。

とはいえ、「事前対策って何をすれば良いの?」と思うかと。実は、緊張汗への事前対策は汗が出る箇所によって違います。

緊張汗が顔から出る場合の対策

緊張汗が顔から出てしまう人はかなりいますし、僕も顔から出る時が多いです。顔から汗が出ると、わりとマジで困りますよね。。。

  • 髪型が崩れる
  • 汗が目立つから周りの視線が気になる
  • 女性の場合、化粧が崩れる
  • 少しニオイも気になる

こういった悩みを解決するには、テサランフェイスがおすすめです。

テサランフェイスを朝顔に塗るだけで1日中ずっと顔汗が出なくなりますし、私も実際に使用したところ、顔から汗が垂れてくることはありませんでした。

テサランフェイスは顔汗専用の制汗剤ですし、市販の制汗剤とは違う「医薬部外品」のため、汗を止めるのに特化しています。

また、値段と容量などについては下記の画像のとおりで、コスパが良いですし、もし肌に合わなかったり効果が出なかった場合は、「全額返金」が可能なので、「実質無料」で使うことができます。

テサランフェイスを他者製品と比較

緊張汗で顔から汗が出てくる人は、テサランフェイスで対策しつつ、自分に合わなかったら全額返金するのが1番効果的でお得な方法ですね。

テサランフェイスについては、毎日出ていた顔汗を止めた方法を紹介【マジで人生が変わった】で詳しく解説しています。

\実質無料で顔汗が出なくなる!/
テサランフェイスはこちら👉

緊張汗が背中から出る場合の対策

緊張汗で背中汗をかいてしまう場合もありますね。背中汗をかくと服の色が変わって恥ずかしいですし、ニオイも気になります。。。

背中汗への事前対策にはトリムクールが1番効果的です。

  • 医学誌への掲載実績がある「医薬部外品」
  • 初回に限り87%オフの980円
  • 90日間全額返金保証付きなので実質無料
  • リピート率91.3%

ざっくりですが、トリムクールの特徴は上記のとおりです。

ぼくは顔汗並みに背中汗がヒドイ状態なので、何かしらの対策をする必要がありましたが、「背中汗に特化した制汗剤」ってほぼないのが事実でして。。。

やっとの思いで見つけたトリムクールは、効果は申し分ないものの定期購入が一般的だったので少し躊躇しましたが、、、トリムクールの制度をうまく使ったことで、無料で背中汗への対策をすることができ、100%背中汗をかかなくなりました。

トリムクールを実際に使ってみた感想や背中汗への対策については、【経験済み】背中汗の対策にはトリムクールが最強すぎます!で紹介しているので、参考にしてみてください。

\背中汗が一瞬で止まる!/
トリムクールはこちら👉

緊張汗が脇から出る場合の対策

緊張汗で脇汗をかいてしまう人も多いです。脇汗をかくと嫌なことって「汗が目立つ・恥ずかしい・嫌なニオイがする」などですよね。

緊張汗からくる脇汗への事前対策には、リサラがもっとも効果的です。

  • 脇汗用の制汗ジェル
  • 脇汗だけでなくニオイもカバー
  • 黒ずみの原因にもならず、ベタつき感もゼロ
  • 敏感肌でもOK

リサラの特徴は上記のとおりで、脇汗をかくと気になる汗やニオイなど、脇に関する全てをブロックしてくれるので、かなり万能な制汗ジェルです。

ぼくもリサラを使ったことで脇汗をかかなくなったのはもちろん、彼女から「うm、脇ちょっと臭うよ。。。」と言われていたのが、今では「ん??無臭になってる」と言われるぐらいまで抑えることができました。

朝歯磨きや顔を洗うタイミングでリサラを使うことで、1日中ずっと脇からの汗とニオイをブロックすることができるので、緊張汗で脇汗に悩んでいる人は1本は持っておくのがおすすめですね。

また、リサラをお得に購入したい人は公式サイトがおすすめです。このあたりについては、【実体験】脇汗対策にリサラを使ったら一瞬で汗が止まった!で解説しているので、ご覧ください。

\1塗りで1日中ずっと脇汗が止まる!/
リサラはこちら👉

汗が出ている最中に抑える

基本的に、上記で解説した事前対策を行っていれば汗が出ることはありません。

しかし、以下のような理由で汗が出てきてしまう場合も考えられますね。

  • 制汗剤・制汗スプレー・制汗ジェルが合っていない
  • 制汗力の効果が切れた
  • 入念に対策をしていなかった

では、事前対策をしても汗が出てきてしまった場合、どうすれば良いのか。

結論を言うと「近くにある冷たい物に触れる」または「シンプルに拭く」です。

近くにある冷たい物に触れる

緊張汗がひどい私の経験から言うと、冷たい物に触れることで、身体を冷やし、汗を少し抑えることができます。

具体的には、次のような物で冷やします。

  • イスの足(鉄に限る)
  • 机(冷えていることが前提)
  • 水筒(氷入り)
  • 自分の息

このような感じですね。

冷たい物に触れることで、身体を冷やすことができるのはもちろん、精神的にも落ち着くことが可能です。

制服やスーツなどで、ハイソックスを履いている人は、下まで靴下を下げて、イスの足に触れることで対処できます。

おすすめは、イスの足に触れつつ、水筒を持つことですね。

シンプルに拭く

近くに冷たい物がない場合は、シンプルに拭いた方が良いです。

汗がずっと出ている状態だと、自分はもちろん、相手も嫌な気持ちになります。

とはいえ、服で拭くと、汗が目立ってしまいますし、スマートじゃないです。

緊張汗が出る人は、常にハンカチを持っておくことで、スマートに拭くことができかつ、精神的な余裕(ハンカチを持っているから大丈夫という自信)が生まれます。

まとめ:緊張汗を打ち明けると楽になる

緊張汗を周りに打ち明けると楽になる

緊張汗の原因と対策について解説しましたが、緊張汗を周りに打ち明けると楽になります。

というのも、緊張汗をかくと周りから「なんで汗かいてるんだろう・・・」と思われてしまいます。周りから冷たい視線を浴びつつ、自分も恥ずかしい思いをするのは辛いですよね。。。

なので「緊張するとめっちゃ汗出るんだよね~」と打ち明けるだけで、周りの理解も違ってきますし、意外と受け入れてくれる人が多いのも事実です。

1人で悩むぐらいなら、いっそのこと周りに話して理解してもらった方が楽になるので、まずは親しい友達から打ち明けてみましょう。

では今回は以上です。

ABOUT ME
T@ペー
T@ペー
24歳の凡人サラリーマン。Fラン大学→地方の中小企業就職/マッチングアプリで出会った経験から、マッチングアプリ/汗っかきのため汗系について発信しています!週3日のペースでブログ更新中です。Twitterでも発信しており、フォロワー数3,550名を超えました。よろしければフォローもよろしくお願いしますm(_ _)m