人生

強いメンタルを作る方法がかなり簡単すぎる件!

こんばんはこんにちは、Tです!

 

ビジネスマンやサラリーマンの方などにとって、通勤時のストレスは非常に悩ましい問題です。

朝から満員電車やバスで疲れ、仕事に集中できない方や満員電車が嫌すぎる方など様々です。

 

では通勤に強いメンタルを作るにはどうしたら良いのか。

 

前回の記事を見てから読み進めてください。

通勤のストレスを減らせ!最も効果的なストレス対策満員電車やバスなどで毎日ストレスが溜まっている方は非常に多いです。通勤時にストレスを溜めないためにはどうしたら良いのか。実は少しの運動と工夫が通勤時のストレスを解放してくれるのです。そのやり方について説明していきます。...

通勤に強いメンタルを作る3つの質問

通勤のストレスに弱い被験者に対して、次の3つの質問を考えながら通勤するように指示した実験があります。

3つの質問とは以下の通りです。

  1. 今日のゴールはなんだ?
  2. 目標のために必要な作業はなんだ?
  3. 今日の作業中にどんなトラブルが起きるだろうか?

 

この3つの質問を考えながら通勤した被験者は、6週間後に興味深い変化が起きました。

その日にやるべき作業や目標について考えながら通勤したグループは、仕事が終わっても1日の疲れが少なく、仕事への満足感も高くなった。

通勤時間をコントロールするのは不可能ですが、通勤がもたらすストレスならコントロールできます。

 

自分にとって意味のある時間として使うことができれば、通勤もメリットに変えられます。

インターバル読書

明確な目的さえあれば、通勤の時間内に何をしても大丈夫です。

1番のポイントは、何のためにこの時間を使っているのか?を自分の言葉で説明できるかどうか。

 

通勤時間を使って勉強したい人におすすめなのが、インターバル読書。

細かく区切りながら行う読書術です。

  • 好きな本を3分読む
  • 1分だけ本から目を離し、その間に今読んだ文章を頭の中で要約する

というステップをワンセットにして、移動時間が終わるまで同じサイクルを繰り返します。

 

この方法で本を読むと、細かいデッドラインが次々にやってくるため、締切効果が生まれて自然と集中力がアップ。

さらに、読書のあいだに1分の要約タイムを作ることで、ダラダラと読み流よりも内容が頭に残りやすくなります。

 

また、目的意識を持って読書にのぞみたいときは、要約タイムのあいだに

自分はこの本から何を得たかったのだろう?

といった質問を投げてみるのも効果的。

それだけでも目的意識が生まれ、読書がストレスからの逃避ではなく、自分にとって深い意味を持った活動に切り替わります。

長時間通勤をうまく使おう

長時間通勤は私たちの生産性を下げる大きな要因となります。

しかし、目的意識を持つことで有意義な時間にもできます。

 

通勤時のストレスに強いメンタルを作り、電車やバスではなく自転車で通勤することによりストレスを緩和させ健康維持をする。

 

それぞれが自分に最もあった通勤方法やストレス対策を見つけてみるのも良し、自分が過去に紹介したものを参考にしてみるも良し。

通勤時のストレスに負けないメンタルを作りましょう。

【最短3秒】ストレス対策に効果的な方法10選【全て実証済み】
【最短3秒】ストレス対策に効果的な方法10選【全て実証済み】ストレス社会の現在、様々なストレス対策が世を飛び交っています。しかしどれをとっても科学的根拠のないものばかり。ここでは科学的根拠を中心としたストレス対策を10点紹介します。今すぐできるものだけを紹介していますので、自分に合ったものを日常生活に取り入れてみてください。...
やってはいけない間違っているストレス対策みなさんが普段から行っているストレス対策は効果がありますか?実際にストレスに強くなっていますか?実はみなさんが行っているストレス対策の約6割ぐらいは間違った対策方法だと思います。やっていないストレス対策を覚え、正しいやり方でストレスに強くなりましょう。...
ABOUT ME
T@ペー
T@ペー
24歳の凡人サラリーマン。Fラン大学→地方の中小企業就職/マッチングアプリで出会った経験から、マッチングアプリ/汗っかきのため汗系について発信しています!週3日のペースでブログ更新中です。Twitterでも発信しており、フォロワー数3,550名を超えました。よろしければフォローもよろしくお願いしますm(_ _)m