人生

【最短3秒】ストレス対策に効果的な方法10選【全て実証済み】

【最短3秒】ストレス対策に効果的な方法10選【全て実証済み】
毎日毎日ストレスばっかり溜まっていくなぁ・・・。
このままだとストレスでハゲるし、いつか爆発して周りに当たっちゃいそうだから何か対策しないと。。。
とはいえ、ストレス対策って何をすれば良いのかわからないし、みんなはどうやってるの?
ストレス対策に効果的な方法があれば紹介してほしいかも!

こういった悩みに答えます。

本記事の内容は次のとおりです。

  • 【最短3秒】ストレス対策に効果的な方法10選
  •  間違ったストレス対策を紹介

この記事では、最短3秒でできるストレス対策から5分ほどでできるストレス対策までを10つ紹介します。

ストレスを感じた時に瞬時に対策ができるものから、すこし時間をかけて対策するものまであるので、自分に合った方法を見つけてみてください。

もちろん、何の根拠もなく紹介するわけではなく、すべて科学的根拠で証明されているものなので、かなり信憑性は高いです。

※本記事は、DaiGoさんの「超時間術」の内容を一部抜き取って紹介しています。また、当ブログはDaiGoさんが出版している心理学に関する本を約10点ほど扱った記事があるので、気になる人はこちらからお探しください。

\DaiGoさんから心理学を学びたい人におすすめ/
DaiGoさんの本はこちら👉

【最短3秒】ストレス対策に効果的な方法10選

【最短3秒】ストレス対策に効果的な方法10選

ストレス対策に効果的な方法は下記の10点です。

  1. 一時停止リマインダー
  2. 背筋を伸ばす
  3. 楽しい記憶を思い出す
  4. 貧乏ゆすり
  5. ガムを噛む
  6. 不安になる時間を決めておく
  7. テトリス
  8. 動物の動画を見る
  9. 太陽の光を浴びる
  10. 休暇の計画を立てる

順番に解説していきます。

ストレス対策①:一時停止リマインダー

一時停止リマインダーとは、Google社の人材開発部門が、人間の脳の働きを研究した末に編み出したテクニックです。

その方法は非常に簡単で、3秒ほどで行うことができます。

  1. 一時停止マークをスマホやパソコンなどの目のつく所に貼っておく。
  2. 不安を感じそうな状況になったら、一時停止マークを見てゆっくりと深呼吸する。

上記のとおりで、私たち人間の脳は、リマインダーさえあれば自然と意識がそちらへ向かうようにできています。

そのおかげで、一時停止マークを見ると今までは無意識に行っていたマルチタスクにも強くなり、時間に縛られることへの予防効果も得られます。

ストレス対策②:背筋を伸ばす

美しい姿勢にするだけで、ストレスが多い状況でも自信を持ち前向きなムードを維持できることがわかっています。

ニュージーランドの大学が行った実験によれば、背筋を伸ばしたまま人前でスピーチを行った被験者は、血圧や心拍数が下がり、話しの内容もポジティブなものに変わったそう。

姿勢を正すだけでストレス対策になるのですから、今すぐ姿勢を正すべきですね。

とはいえ、「そんな簡単に姿勢なんて良くなんない」という人は、下記のようなボディメイクシートをイスに置いた状態で座ると、1週間ほどで姿勢が良くなりますよ。

ストレス対策③:楽しい記憶を思い出す

楽しい記憶を思い出すことは、科学的にも正しいストレス対策だとわかっています。

アメリカのラトガース大学が行った実験では、まずは被験者の手しばらく氷水に浸けさせ、わざと精神的なストレスを与えました。

そして、後で全体を2つのグループに分ける。

  1. 過去の楽しい記憶を思い出す
  2. 過去の普通の記憶を思い出す

記憶を思い出す時間はどちらもたったの14秒でしたが、被験者の反応は大きく異なりました。

良い記憶を思い出したグループは、感情をコントロールする脳の機能がうまく働くようになり、他のグループに比べて体のストレス反応が15%も下がりました。

たった14秒楽しい記憶を思い出すだけなので、隙間時間などに最適な方法ですね。

ストレス対策④:貧乏ゆすり

一般的には貧乏ゆすりは好ましくない行為だと思いますが、手軽なストレス対策として大きな効果を持っています。

イギリスで行われたある実験では、被験者に人前で声を出しながら暗算をするように指示。

すると、軽く貧乏ゆすりをしながら行った人は暗算の成績が良くなり、ストレステストの点数も改善したそうです。

また別の研究によれば、貧乏ゆすりのほかにも、指で手のひらをリズミカルに叩いてみたり、手の甲の皮膚をつまんで軽く引っ張ってみたりするだけでもストレス解消の効果が得られている。

ポイントは、なんでもいいので体をリズミカルに動かすこと。

あらかじめ自分なりの方法を決めておき、焦りを感じた時に実践してみるのが良いですね。

ストレス対策⑤:ガムを噛む

よくサッカー選手なんかがガムを噛んでいるかと思いますが、アゴを動かすと脳の血のめぐりがアップし、ストレスに対処しやすくなります。

ある研究では、ガムを噛みながら難しい計算問題をしたらどうなるかを調査。

すると、ガムを噛んだ被験者は計算の成績が良くなり、主観的な不安が減り実際に体内のストレスホルモンも低下していた。

また、多くのデータでは毎日少しずつガムを噛むことで、どんどん脳がストレスに強くなっていく傾向も出ている。

毎日1時間もガムを噛み続けるのは難しいので、1日30~45秒ずつガムを噛む習慣を入れてみるのがおすすめです。

また、ガムが苦手なら昆布などでもOKですよ。

ストレス対策⑥:不安になる時間を決めておく

普段から心配性な方や不安を感じやすい方にとって、うってつけのテクニックです。

アメリカのペン州立大学が編み出した手法で、事前に次のように紙に書き出していきます。

  • 午後3時から15分はお金について不安になる
  • 寝る1時間前までに仕事の不安を終えておく

例えば上記のように、不安になるための内容と時間をあらかじめしっかりと決めておくのがポイント。

ペン州立大学が行った実験でも、不安になるための内容と時間を決めておいた被験者は、だらだらと自分の悩みについて考える回数が減り、自然とストレスレベルも下がっていきました。

ガムを噛むのと同じように、習慣化してしまえばストレスに強いメンタルを手に入れることが可能です。

ストレス対策⑦:テトリス

馬鹿にされがちですが、テトリスはストレス対策にうってつけの方法です。

ストレスを感じた後に2~3分ぐらいテトリスで遊び続けると、被験者の不安が軽くなったというデータがあります。

テトリスでストレスが減るのは、一時的に頭を使うような作業に打ち込むと、そちらのほうに脳の処理が集中するからです。

短い時間だけ頭を使うような作業であれば、テトリスでなくても同じ効果は得られます。

具体的には以下のようなゲームですね。

  • スマホのカードゲーム
  • 将棋
  • オセロ
  • チェス
  • パズルゲーム

こういったもので遊ぶだけでストレスが減るので、短時間のうちに好きなもので遊んでみましょう!

【事実】ゲームをしても目は悪くならないし頭は良くなる一方ですゲームをばかりやっていると馬鹿になる。目が悪くなる。このようなことを誰しも1度は言われたことがあるのではないのでしょうか?実はゲームをやると頭が良くなります。また、ゲームのやりすぎで目が悪くなることは全くありません。なぜ頭が良くなり、目も悪くならないのか。深掘りしていきます。...

ストレス対策⑧:動物の動画を見る

犬や猫と遊ぶだけで癒された気持ちになる人は多いですが、実はペットを飼わなくても得ることができます。

メルボルン大学の調査では、仕事の間にYouTubeなどでかわいい猫の動画を見た被験者はその直後にストレスが大きく低下。

結果として、仕事の生産性が9%もアップした。

仕事に疲れた時やストレスを抱えている人は2~3分ほど動物の動画を見るだけで、ストレス対策することができます。

参考程度に、ぼくのおすすめの動画を貼っておくので、ぜひ癒されてください!

ストレス対策⑨:太陽の光を浴びる

不安症やうつ病の患者に明るい光を浴びてもらう治療法で、1980年代にローゼンタールが提唱したものが、光療法です。

フィンランドで行われた実験によれば、1日5分ずつ太陽の光を浴びながら散歩をすると、高いリラックス効果が得られたのはもちろん、他人とのコミュニケーション能力までアップした。

ストレス対策だけでなく、コミュニケーション能力まで上がるので、太陽が人間にもたらす効果は計り知れませんね。

ストレス対策⑩:休暇の計画を立てる

過去の楽しい記憶を思い出すのと同様、未来の楽しい計画を立ててみるのも効果的です。

オランダで行われた研究によれば、事前に休日の過ごし方をしっかり考えた被験者はその直後にストレスがやわらいだだけでなく、休暇プランを終えた後でも幸福感が8週間も続いた。

これに対して、特にはっきりとプランを立てなかった場合、休暇による幸福感は2~3週間しか続かなかった。

ここで大事なのは、できるだけ細かくプランを立てること。

休日が計画通りにいかなくても問題ないです。あくまで大事なのは、事前に細かい計画を立てること。

これにより、自分の中には自分の人生をコントロールできているとの感覚が高まり、結果としてストレスに負けないメンタルになっていきます。

間違ったストレス対策を紹介

間違ったストレス対策を紹介

おそらくですが、大半の人は間違ったストレス対策をしています。というのも、間違ったストレス対策というのは、下記の6点です。

  1. ギャンブル
  2. ショッピング
  3. タバコ
  4. 暴食
  5. ゲーム・ネット

上記のとおりで、ギャンブル(パチンコ・競馬・ボートレースなど)やタバコ・酒などでストレス対策を行なっている人はめちゃめっちゃ多いです。

残念なことに、これらでストレスをなくそうとしても逆効果になります。

このあたりについては、やってはいけない間違っているストレス対策で解説しているので、ぜひご覧ください。

というわけで、今回は以上です。

ABOUT ME
T@ペー
T@ペー
24歳の凡人サラリーマン。Fラン大学→地方の中小企業就職/マッチングアプリで出会った経験から、マッチングアプリ/汗っかきのため汗系について発信しています!週3日のペースでブログ更新中です。Twitterでも発信しており、フォロワー数3,550名を超えました。よろしければフォローもよろしくお願いしますm(_ _)m