ブログ

【ブログ】WordPressのリソース監視をやってみた【無料】

【ブログ】WordPressのリソース監視やってみた【無料】

どうも、普段は恋愛系について書いているインフラエンジニアのTです。

ふと仕事中に「ブログのリソース監視したいなぁ」と思い、仕事中にせっせとググってました(仕事しろ)

本業でもいろんな監視ツールを使って、サーバーやらネットワークやらを監視しているので、やり方はある程度わかる。

しかも運用ではなく構築よりなので、1,2時間もあれば余裕でできる。

でもお金はかけたくない。無料でやりたい。

だってリソース監視やるがために、月額数千円も払ってられん。

なので、無料でできるリソース監視をググった結果、何がベストな方法なのか。

今回はそんな、SEOガン無視備忘録記事です(Qiitaで書け)

リソース監視の完成形のイメージ

リソース監視の完成形のイメージ

ぼくの中でリソース監視というと、muninとかprometheusのイメージ。

わからない人は、FXのチャートとかを思い浮かべるとわかるかも。

折れ線グラフがギュインギュインになってるアレ。

ぼくはアレを目指したい。

当ブログのCPUの負荷がどれぐらいで、メモリをどのぐらい食ってて、スループットがどのぐらいで〜という感じ。

ぼくの中ではmuninやprometheusのあのグラフこそが、男のロマンだと勝手に思っている。

だってシンプルにかっこいいから。

なので、今回の完成形のイメージは「サーバーにmuninを入れて、かっこいいリソース監視画面を作る」とする。

※ここではまだ何も気づいていなかった。

サーバーとドメインどうするのか問題

まず初めに、リソース監視をするにしても、まずはサーバーとドメインが必要じゃんと思った。

今回の目的は、無料でリソース監視をすることなので、サーバーを借りるにしても、無料サーバー一択となる。

ドメインについては、当ブログで使っているドメイン(サブドメイン)を使えば問題ないはず。

あとは無料のレンタルサーバーなのだが、種類が多くてここが1番悩んだしどれも微妙。

SSH接続してコマンドライン上で、yum install 〜とかしながらソフトウェアをインストールしたいのに、SSH接続できたいサーバーばかり。

スペックとかはどうでもいい(よくない)けど、SSH接続できる無料のものがあればいい。

XServerの無料版?にXFREEという無料サーバーがあったが、SSH接続できないのでボツ。

そんな中、XREAとかいう初耳の無料サーバーがあり、しかもSSH接続可能だとか。

即採用しようと思ったが「ん、待てよ」とぼくの中で何かがざわざわしてきた。

稼働中のサーバーにmunin入れなきゃいけない問題

ぼくの完成形のイメージは、サーバーにmuninを入れて、かっこいいリソース監視画面を作る。

しかしここでようやく気がつく。

「muninのインストールって、稼働中のサーバーにも入れなきゃダメじゃん」と。

詳しく説明すると長くなるので省略するが、muninは新サーバーだけに入れても無意味。

なぜなら値を取ってくれないから。

だから稼働中のサーバーにもmuninをインストールする必要があるが、ここで再びざわざわしだす。

「稼働中のサーバーにmuninを入れてもいいけど、変な動作したり、最悪ブログ見れなくなったらヤバくね?」

そう、力技で入れることもできるが、最悪な事態が起きるかもしれない状況で、中央突破はできない(インフラエンジニアの血が騒ぐ)

本末転倒だけは絶対に避けなければいけない。

なので、ぼくの中から「サーバーにmuninを入れて、かっこいいリソース監視画面を作る」という目的は終わった。

まぁ他にもいろんな監視ツールがあるから、稼働サーバーに影響が出ない程度にリソース監視ができるかもだけど、この案は白紙に戻すことにした。

リソース監視はSite24x7を使うことに決定

リソース監視はSite24x7を使うことに決定

その後も仕事中にひたすらググり続け、Site24x7なるサービスを発見(仕事しろ)

どうやらサーバーもドメインもいらないらしく、30日間まで無料で使える「クラウド型Webサイト監視ツール」らしい。

Webページの監視とかパフォーマンスを分析してくれる優れものだとか。

これならサーバー契約しなくていいし、30日間までなら無料で使えるし、なんと言ってもクソ楽に設定できる。

なので、今回のリソース監視は「Site24x7」を使うことに決定した。

Site24x7の登録&設定

設定が楽すぎて5分で完了した。

まずSite24x7へアクセスし、プランを選ぶ。

どれも30日間無料だからなんでもいい。

site24x7の登録

次にユーザー作成が必要らしく、適当にポチポチ。

ユーザー作成

サインアップしたら、監視したいサービスを選ぶらしい。

今回は「Webサイトとインターネット」にした。

site24x7

TOPページに遷移したら、監視したいWebページのドメインをコピペ。

表示名とかチェック間隔とかはお好みでOK。

Webサイト監視を追加する

次によくわからない画面になるが、デフォルトのままでOK。

変にいじるよりデフォルトの方がいい。

監視の追加

はい。設定完了。

あとは勝手にWebサイトの値を取得してくれるので待機。

なかなかかっこいい見た目になった

本記事を書きながら待ってたら、グラフがいい感じになってた。

応答時間 ロケーションごとの応答時間 Webページスピード

他にもDNSサーバーとかSMTPサーバーとかのリソース監視もできる。

無料なのに機能が豊富だし、なんと言ってもかっこいい。

こんな画面をスタバでMac book開きながら見てたら大物感が出る。

とりあえずは、ほぼイメージ通りの形になったから良かった。

【注意】Google Analyticsの設定が必要かも

Site24x7を使う前に、Google Analyticsでフィルタ設定をした方が良いかも。

Site24x7を設定すると、監視ボットが一定間隔でWebサイトへコンコンしてくるので、Analyticsがおかしくなる(Qiitaが言ってた)

「お、バズったかな!?」みたいに急激にPV数が増えるから、Site24x7を設定する前に、フィルタ設定をした方が正確な値が取れる。

設定内容はこちら。

Google Analytics
  • フィルタ名: 任意
  • フィルタの種類: 「カスタム」→「除外」
  • フィルタフィールド: ブラウザのバージョン
  • フィルタパターン: \.247$

これで監視ボットのアクセスはカウントしなくなる。

WordPressのプラグインでも監視ができる【オススメしない】

WordPressのプラグインでも監視ができる【オススメしない】

WordPressのプラグインで「monitoringplus」なるものがあるらしく、それでも監視できるっぽい。

たぶんそっちの方が手軽に設定できるが、ぼくはオススメしない。

なぜなら、はっきり言っていらない監視のプラグインをインストールするとSEO的に逆効果になる。

Jetpack1つあれば、ほとんどの人はことが足りると思う。

ぼくみたいに「ブログのリソース監視やりたいなぁ」なんて思う人は、100人に1人ぐらい。

だからリソース監視をやるならば、もう1つサーバーを用意するか、今回のように外部のサービスを使うのがベスト。

まとめ

まとめ

muninでやりたかったなぁ。

いやSite24x7が悪いとかじゃなく、むしろ良い方なんだけど、当初の目的がmuninだったから、なんかモヤモヤする。

まぁでも、ブログが吹っ飛んででもやるようなことじゃないしたぶん。

とりあえず仕事します。

ABOUT ME
T@ペー
T@ペー
24歳の凡人サラリーマン。Fラン大学→地方の中小企業就職/マッチングアプリで出会った経験から、マッチングアプリ/汗っかきのため汗系について発信しています!週3日のペースでブログ更新中です。Twitterでも発信しており、フォロワー数3,550名を超えました。よろしければフォローもよろしくお願いしますm(_ _)m