人生

【朗報】学校がつまらないと感じるのは普通なことです

学校がつまらないのは普通です

こんばんはこんにちは、学校がつまらなかったTです。

本記事では、以下の悩みについて、解説します。

  • 学校がつまらない。
  • 学校生活が嫌になってきた。
  • 集団行動ばかりで疲れる。
  • 決められた時間に、決められたことをするのに、違和感を覚える。

上記のとおりで、私も中学校の時、このような悩みを抱えていました。

というのも、決していじめられていたわけではなく、私の中学校での生活は、次のような感じでした。

  • 少ないながらも友達はいる。
  • いじめにもあっていない。
  • 陽キャと陰キャの間ぐらいの存在。
  • 部活には入らず、クラブチームで活動。

このように、どこにでもいる「普通の中学生」だった私も、当時めちゃめちゃ学校がつまらなかったです。

とはいえ、社会人になって初めて「なぜ学校がつまらなかったのか」知ることができました。

そこで、本記事では「学校がつまらない」と感じている人へ「なぜつまらないと感じてしまうのか」について、解説します。

結論から言うと「つまらないと感じるのは普通」なことです。

学校がつまらないと感じるのは普通です

学校がつまらないと感じるのは普通です

繰り返しですが、学校がつまらないと感じるのは普通なことなので、心配になったり不安がることは、何もありません。

学校はつまらない場所

そもそもですが、学校はつまらない場所です。

というのも、楽しいと感じる方が個人的には、不思議なぐらい。

  • 受けたくもない授業を受けなくちゃいけない。
  • 好きでもない友達と過ごさなきゃいけない。
  • 周りに合わせて行動しなきゃいけない。

学校とは、上記のように「周りと合わせる」ことに重きを置いている場所ですね。

なので、自分がやりたいことや考えている面白いことを、個人的に実行するには、向いていないということになります。

また、1人だけ周りと違うことをしたり、違う意見を言うと「変わり者」のレッテルが貼られるため、身動きが取りにくいのも事実です。

クラスの中での派閥

自分のやりたいことや考えを言えないのは、クラスの中にある派閥も関係していますね。

具体的には、次のような感じです。

  • 運動部に入っているグループ → クラスの中で上位階層
  • 文化部に入っているグループ → クラスの中で中〜下位階層
  • 部活に入っていないグループ → クラスの中で中〜下位階層

上記のとおり。

どうしても、運動部に入っている人たちは、クラスの中で人気者になりますし、権力があるように見えます。

そのため、文化部に入っていたり、部活に入っていない人は、自分の意見を言うことに抵抗を覚え、上位階層の人たちの考えに、流されるがままになってしまう。

クラスの中(同年代)に派閥など存在してはいけないのですが、これが現実ですね。

1人の方が良いのに1人になれない

1人の方が楽な人もいますが、学校では「友達を作りなさい」と言われますね。

なんでもハラスメントにしてしまう現代では「友達作れハラスメント(ともハラ)」とでも言いましょうかね。

実際に、私は友達が多い方ではなかったですし、そこまで友達を増やそうとも思っていなかったので、1人の方が楽な時もありました。

しかし、先生は「友達といた方が楽しいぞ」と進めてきたり、推薦狙いの学級委員長のような人が寄ってきたするので、正直うざかったです。

このように、学校では1人でいるのがダメみたいな空気感があるので、1人が好きな人にとって、かなりしんどい場所になってしまいます。

学校はつまらないけど行くべき

学校はつまらないけど行くべき

たまに「学校行きたくなければ行かなきゃいいじゃん」とか言う人がいますが、行くべきです。

理由としては、以下の2点のとおり。

  1. 最低限の教養を身につけるため。
  2. 目上の人とのコミュニケーションのとり方を学ぶため。

順番に解説していきます。

最低限の教養を身につける

社会人になって実感しましたが、最低でも中学校レベルの教養は必要です。

というのも、何も因数分解とかルート計算などを覚えろというわけではないです。

むしろ、正直なところ、全く使いませんし使う場面もありません。

ここでいう最低限の教養とは、次のようなことです。

  • 国語 → 漢字や文章力や言葉の意味、言葉の使い方など。
  • 数学 → 小学生レベルの計算方法。
  • 英語 → ライティング力よりもスピーキング力。
  • 社会 → 社会の仕組みや政治についてなど。

最低でも、上記を身につければOK。

ここだけの話し、大人になって、これらについて理解していないと恥ずかしいです。

また、理解していない大人が多いのも、事実ですね。

目上の人とのコミュニケーションのとり方

学校で大人と触れ合っておかないと、社会に出てから恥をかくのは自分自身です。

社会に出ると、目上の人と話す機会が非常に多いですが、適当な言葉使いをしていると、あなたの頭のレベルがそのまま晒されてしまいます。

というのも、初対面の人と少し会話をするだけで、人間は相手の頭の良さを知ることができます。

学生の頃に、目上の人とのコミュニケーションをとる方法を身につけておけば、社会に出てからも、恥ずかしい経験をしなくて済みます。

とはいえ、親だとタメ口になってしまうので、できる限り先生とのコミュニケーションをとった方が良いです。

【保存版】相手の頭の良さを知りたい方必見!?見抜き方を紹介!!基本的に頭の良い人と友達になりたいですし、頭の良い人と結婚したいです。その方が自分にとってメリットが大きいですし、自分も頭が良くなります。では、初対面の人や気になる人の頭の良さを知るにはどうしたら良いのでしょうか??...

まとめ:学校はつまらないけど高校までは行くべき

学校はつまらないけど高校までは行くべき

本記事をまとめます。

  • 学校がつまらないと感じる理由は次の3つです。
  • ①そもそも学校はつまらない場所
  • ②クラス内での派閥
  • ③1人になりたいけどなれない
  • 学校に行くべき理由は次の2つです。
  • ①最低限の教養を身につけるため
  • ②目上の人とのコミュニケーションのとり方を覚えるため

上記のとおりです。

最後にもう1つ大切なことを言っておくと、高校は出ておくべきです。

さきほどは、最低でも中学校レベルの教養は必要と言いましたが、高校には行きましょう。

というのも、昔は中卒でも良かったかもしれませんが、現代で中卒だと、あまり職がないのがリアルです。

はっきり言って、生きづらいですね。

どんなに学校がつまらなくても、高校まで出ておけば、ある程度の職に就くことが可能なので、しんどくても行くべきです。

また、高校まで行かないと大半の人は「やりたいこと」が見つからないと思うので、つまらない学校生活の中で「やりたいこと」を見つけるのが良いでしょう。

ではこのへんで。

ABOUT ME
T@ペー
T@ペー
24歳の凡人サラリーマン。Fラン大学→地方の中小企業就職/マッチングアプリで出会った経験から、マッチングアプリ/汗っかきのため汗系について発信しています!週3日のペースでブログ更新中です。Twitterでも発信しており、フォロワー数3,550名を超えました。よろしければフォローもよろしくお願いしますm(_ _)m