人生

【事実】サイコパスの特徴が科学的根拠から判明【関わると人生が崩壊】

【事実】サイコパスの特徴が科学的根拠から判明【関わると人生が崩壊】

世の中には、関わることによって、自分の人生に悪影響を及ぼす人が一定います。

その中でも冷酷で自己中心的な性格を持つ人のことを次のように言います。

  1. サイコパス
  2. ナルシスト
  3. マキャベリスト

上記に関して、1度は聞いたことがある言葉なはずです。

サイコパスやマキャベリストは、詐欺師やネットの掲示板荒らしなどに多く、安易に近づけば人生が崩壊するかもしれません。。。

このような人を避けて人生を送るべきなのですが、非常に難しいです。

というのも、サイコパスやマキャベリストのような人は邪悪な性格であると同時に、普通の人にはない魅力も持っているからです。

  • サイコパス → リスクを恐れない行動を取るので尊敬されやすい。
  • ナルシスト → 他人の関心を得るために努力するので表面的な魅力が高くなる。
  • マキャベリスト → 人の心を操るのがうまいため一定の信者が集まる。

このような感じです。

上記のような魅力があるため、社会で成功する確率が高く、周囲から尊敬を集めるケースも多々あります。

それでも、避けて生きていきたいと思うのは、自分の人生を崩壊させたくないからですよね。

その中でも本記事では「サイコパス」な人の特徴を解説していきます。他の2点について知りたい人は、記事の最後で紹介しています。

サイコパスか気になる人がいるならば、本記事で紹介する特徴と、照らし合わせてみてください。

※本記事は、DaiGoさんの「秒で見抜く スナップジャッジメント」の内容を一部抜き取って紹介しています。

\DaiGoさんから心理学を学びたい人におすすめ/ DaiGoさんの本はこちら👉

サイコパスな人の特徴

サイコパスな人の特徴 サイコパスかどうかは、以下で知ることができます。

  • モラルジレンマ問題。
  • あくびで判断。
  • 最低最悪な上司の下で元気になる。
  • 匂いの嗅ぎ分けが下手。
  • 苦いものや酸っぱいものを好む。

上記を相手に質問したり、観察することで、サイコパスかどうかを判断することが可能です。

では、順番に解説します。

モラルジレンマ問題

相手がサイコパスかどうかを判断したい時は、モラルジレンマ問題を相手にぶつけ相手がどのような反応をするか見ます。

モラルジレンマとは、簡単に説明すると、社会のルールや道徳に関わる究極の2択のことです。

たとえば、以下のような状況のことですね。

あなたは学校の屋上で右手に1本、左手に1本綱を持っている。

  1. 右手の綱の先には、5人が屋上から身を乗り出しています。
  2. 左手の綱の先には、1人が屋上から身を乗り出しています。

綱を引けば助かりますが、綱を引くには両手が必要なため、どちらかの綱を離さなければなりません。

もちろん、離した綱の先の人は、亡くなってしまいます。

では、どちらの綱を離しますか?

この質問をした時、普通の人はかなり悩みますが、サイコパスの人は違います。

サイコパスの人は、②の「左手の綱の先にいる1人」の方を離すと、即決します。

1人の方を離すのが当然といった答えが躊躇なく返ってきたら、サイコパス傾向が高い可能性があります。

あくびで判断する

サイコパス度が高い人は、あくびが伝染しにくい性質を持っています。

アメリカのベイラー大学が発見したサイコパスの判定法です。

実験内容は、最初に被験者のサイコパスレベルを心理テストで判定しました。

その後で、みんなにあくびをしている男女の動画を見せて、どのような反応が起きるのかを調べた。

この実験をしたところ、サイコパス度が高い人は、低い人に比べて約2倍もあくびが伝染しにくい性質を持っていました。

ではなぜ、このような現象が起きるのか簡単に説明すると、共感力が低いからです。

というのも、あくびの伝染には共感力が必要です。あくびと共感力をつかさどる脳のエリアは近いところにあるため、共感力が高い人ほど伝染が起こりやすいと考えられています。

ということは、他人のあくびを見てもまったく伝染しない人は、共感力が低い可能性があります。

サイコパスか気になる相手の前で、あくびをするか、あくびの動画を見せるのも判断基準となります。

最低最悪な上司の下で元気になる

上司が最悪であればあるほど元気になり、熱心に仕事に取り組みます。

というのも、サイコパスな人は普通の人よりも職場のストレスや不安を感じにくい性質を持っているせいで起きます。

一般的な人は、最低最悪な上司の下で元気になるはずもなく、むしろやる気も根気も元気も皆無になりますよね。

ですが、サイコパスな人は最低最悪な上司の存在を逆に過度な刺激として受け取り、モチベーションが上がっていきます。

なので、誰もがブラック企業だと確信している会社に勤めながらも、生き生きしているような人には要注意です。

匂いの嗅ぎ分けが下手

サイコパスな人は匂いの区別が下手です。

サイコパスと匂いの嗅ぎ分けの関係については、マッコーリー大学が発見しました。

成人の被験者に、以下から抽出した香料を嗅いでもらいました。
  • オレンジ
  • コーヒー
  • ペパーミント

上記を嗅いでもらったところ、サイコパスのレベルが高い人ほど、それぞれの匂いを区別出来ませんでした。

というのも、少し脳の話しになりますが、前頭葉は人間の嗅覚をつかさどるエリアです。

サイコパスな人はこの前頭葉の機能が、普通の人より損なわれていることが多く、嗅ぎ分けることが下手になってしまいます。

また、サイコパスな人がリスクを恐れない行動を取るのも、前頭葉の機能が普通の人より損なわれているからです。

匂いに鈍感な人はサイコパスな特徴を持っている可能性が高いですね。

苦いものや酸っぱいものを好む

サイコパスな人は、つねに刺激的な体験を求めています。

インスブルック大学による実験で判明しました。

サイコパス傾向が高い人ほど、ブラックチョコレートやお酢などのような、苦く酸っぱい食品を好む傾向があった。

上記のとおりで、サイコパスは常に刺激的な体験を求めているため、自然と苦くて酸っぱい食べ物を好むのかもしれません。

とはいえ、頭の良い人にも似たような傾向があったため、判断基準として使う際は要注意です。

サイコパスは判断しやすい

サイコパスは判断しやすい 記事のポイントをまとめます。

サイコパスな人の特徴は次のとおり。

  • ①モラルジレンマ問題の解答が早い。
  • ②あくびが伝染しにくい。
  • ③最低最悪な上司の下で元気になる。
  • ④匂いの嗅ぎ分けが下手。
  • ⑤苦いものや酸っぱいものを好む。

このような感じですね。

最後にもう1点、重要なことを言うと「俺サイコパスだから」と言う人は、サイコパスではありません。

というのも、サイコパスの人は、自分がサイコパスだとわかっていませんし、周りからサイコパスと言われて、初めて自分で気づきます。

そのため、自覚のあるサイコパスな人などいません。

サイコパスかどうか判断するのはわりと簡単なので、今回解説した中のいくつかを、気になる相手に試してみると判断がつきやすいです。

というわけで、今回は以上です。下記に関連する記事があるので、興味のある人はぜひご覧ください。

【事実】マキャベリストの特徴が科学的根拠から判明【関わると人生が崩壊】
【事実】マキャベリストの特徴が科学的根拠から判明【関わると人生が崩壊】マキャベリストという言葉を知っていますか??心理学などに詳しい方は知っていると思いますが、簡単に言うと、人を操るのがうまい人のことで、目的のために手段を選ばない詐欺師のような人のことです。もしかすると、あなたもマキャベリストの手のひらの上で転がされているかもしれません。そんな、マキャベリストの特徴が明らかになりました!!...
ABOUT ME
T@ペー
T@ペー
24歳の凡人サラリーマン。Fラン大学→地方の中小企業就職/マッチングアプリで出会った経験から、マッチングアプリ/汗っかきのため汗系について発信しています!週3日のペースでブログ更新中です。Twitterでも発信しており、フォロワー数3,550名を超えました。よろしければフォローもよろしくお願いしますm(_ _)m