人生

【事実】バイトは無駄ですが意味がないわけではないですよ

【事実】バイトは無駄ですが意味がないわけではないですよ
バイトって意味ないよなぁ〜。
お金はもらえるけど、それ以外は何も得られないし。
時間の無駄感がハンパない・・・。
でも周りの人はみんなバイトしてるし、結局バイトした方がいいのかなぁ・・・。

こういった悩みに答えます。

本記事の内容は次のとおりです。

  • バイトは無駄ですが意味がないわけではないです。
  • いろんなバイトを経験することに意味がある。

この記事を書いている私は、学生時代に約10種類以上のバイトを経験し、週4,5のペースでバイトをしていました。

当時はバイトに意味が見出せませんでしたが、社会人になった今は「バイトしといて良かった〜」と思うことが多々あります。

バイトを経験することで、社会に出てから役立つことがわりとあるのが事実ですね。

ということで、今回は「バイトは無駄ですが意味がないわけではない」という話しをしていきます。

「バイトする意味ってないでしょ!?」や「バイトってする必要あるの??」と思っている人は、本記事をご覧ください。

バイトは無駄ですが意味がないわけではないです

バイトは無駄ですが意味がないわけではないです

はっきり言ってバイトは無駄ですが、完全に意味がないというわけではないです。

理由については、以下の2点のとおり。

  • 自分でお金を稼ぐことが経験できる。
  • いろんなスキルが身につく。

一方で「同じバイトを続けることは意味がない」ですね。。。

では、これらについて順番に解説していきます。

自分でお金を稼ぐことが経験できる

バイトをすれば、自分でお金を稼ぐ経験ができますよね。

自分でお金を稼ぐことが経験できれば、「お金の大切さ」や「お金を稼ぐ大変さ」を知ることができます。

それを1番手っ取り早く知る方法として、バイトはめちゃめちゃ効率的です。

何も考えることや悩むことなく、ただバイトに行き、ただ普通に働くだけで毎月お金が貰えるわけですから。

これほどまで効率的な方法はないですね。

また、別の方法でお金を稼ぐ経験ができるものもいくつかあります。

  • プログラミング(Webサイト作成・アプリ開発)
  • ブログ(広告収入・アフィリエイト)
  • ライター

こういった方法で稼ぐことができますが、知識や技術や経験がある程度ないと、お金を稼ぐことができません。

なので、「自分でお金を稼ぐ経験」をするには、バイトが1番手っ取り早く効率的です。

いろんなスキルが身につく

バイトをすることで、いろんなスキルが身につきます。

例えば、次のようなスキルですね。

  • 接客(コンビニ・スーパー):会話力と対応力
  • 販売(アパレル・家電量販店):提案力
  • 教育(塾・家庭教師):指導力

こういったスキルは、普段の生活の中で身につけることはできません。

また、会話力・対応力・提案力などのいわゆる「コミュニケーション能力」は社会に出てから非常に重要となってきます。

実際に私は社会に出てから、コミュニケーション能力の重要さを再確認しました。

私は営業職ではなく、エンジニアなので「あんまりコミュニケーション能力なんていらないでしょ」と思っていました。。。

ですが、お客さんとの打ち合わせや社内での仕事に関する連携など、コミュニケーション能力が必要な場面が多々あります。

職種に限らず、こういったスキルはバイト(実践)を通じて学ぶことで、より効果的に身につけることができます。

同じバイトを続けることは意味がない

バイトをするメリットについて話しましたが、「同じバイトを続けることは意味がない」ですね。

長くても半年〜1年ぐらいでバイトを辞めて、他のバイトをするのが最良です。

または、同じバイトを続けつつ、他のバイトも並行する(Wワーク)が良いですね。

というのも、同じバイトをずっと続けても、そこで得られるものは何もないからです。

スキルは半年で身につく

半年もすればスキルは身につきます。

長くても1年もバイトをすれば100%スキルは身につくので、それ以上バイトを続ける必要はありません。

パパっと辞めて、次のバイトを探しましょう。

同じ職種のバイトはやっても意味がない

同じ職種のバイトを何度もやるのは、はっきり言って無駄ですね。。。

具体的には、以下のような感じです。

  • コンビニ → スーパー
  • 寿司屋 → 焼肉屋
  • 塾講師 → 家庭教師

上記のとおり。

同じ職種の所で働いても、同じスキルしか身につきませんし、それこそ時間の無駄です。。。

バイトを変えたり選ぶ時は、したことのない興味のある職種を選ぶべきですし、そうじゃないとバイトをする意味がないです。

いろんなバイトを経験することに意味がある

いろんなバイトを経験することに意味がある

繰り返しですが、いろんなバイトを経験することに意味があります。

さきほども少し解説しましたが、半年〜1年ぐらいでバイトを辞めて、他のバイトをするのが最良です。

とはいえ、次のようなことを思いますよね。。。

  • バイトを変えるのがめんどくさい!
  • 毎回履歴書を書くのがだるい。。。
  • 面接に行きたくない。

上記のように思う人におすすめなのが、「単発のバイト」です。

単発のバイトは簡単に始められる

単発のバイトはめちゃめちゃ簡単に始められます。

というのも、単発のバイトは敷居が低いからです。

  • 基本的に1日だけ働く。
  • 履歴書不要。
  • 面接・面談なし。
  • 「今日」や「明日」から始められる。

上記のとおりで、めんどくさい履歴書や面接などはなく、いきなりバイトを始めることができます。

単発のバイトの始め方もわりとマジで簡単で、派遣会社に登録するだけでOKなので、3〜5分ぐらいで登録できます。

とはいえ、「派遣会社っていっぱいあってどこが良いのかわからない」と思う人もいます。

なので、実際に私が使って良かったと感じた5つのサイトを、下記で紹介しているので、参考にしてください。

【ガチ厳選】単発のバイトを始めるのにおすすめのサイトを5つ紹介!
【ガチ厳選】単発のバイトを始めるのにおすすめのサイトを5つ紹介! こういった疑問に答えます。 本記事の内容は以下のとおりです。 単発のバイトを始めるのにおすすめのサイトは5つ...

単発のバイトはいろんな仕事を経験できる

一般的なバイトは、飲食店・コンビニ・スーパーとかですよね。

ですが、単発のバイトに関しては、一般的なものからニッチなものまで幅広く求人が掲載されています。

具体的には、以下のとおりです。

  • 交通量調査
  • 会場設営
  • ギネス記録の審査員補助
  • 青果卸市場
  • 野菜の収穫

上記は実際に私が行った単発のバイトの一部ですが、他にもかなりニッチでマニアックなバイトを経験することができます。

こういったバイトを経験することにより、スキルが身につくのはもちろん、世の中にはどういった仕事があるのかを知る機会にもなります。

その結果、自分の視野が広がり、「自分がやりたいこと」を見つける手助けにもなりますね。

「交通量調査のバイト」と「会場設営のバイト」に関しては、以下で紹介しています。

【クソ楽】交通量調査のバイトほどコスパ最強なものはない
【クソ楽】交通量調査ほどコスパ最強のアルバイトはない! こんばんはこんにちは、交通量調査のバイト経験者Tです。 本記事では、以下の内容について解説します。 交通量調...
【体験談】会場設営のバイトがきつすぎたのでもう2度とやらない学生の大抵の人は、アルバイトをするかと思います。飲食店やサービス業や塾の講師や居酒屋などなど。アルバイトをするうえで、1番重要なのはやはり「お金」ですよね。派遣のアルバイトでライブの会場設営があります。非常に単価が高く、やる人が多いんですが、絶対にやめた方がいいです。理想と現実のギャップに必ずやられます。いったい何があるのかというと・・・・・...

バイトを意味のあるものにする方法

バイトを意味のあるものにする方法

バイトを意味のあるものにするには「自分が身につけたいスキル」に関するバイトをすることです。

  • コミュニケーション能力を身につけたい:接客業のバイトをする。
  • 料理に関するスキルを身につけたい:飲食店のキッチンでバイトをする。
  • 車に関するスキルを身につけたい:イエローハットやガソスタでバイトをする。
  • 犬や猫に関するスキルを身につけたい:ペットショップでバイトをする。

上記のように、「どんなことに興味があるのか」や「将来何になりたいか」をイメージすると、バイトを意味のあるものにすることができます。

また、「特にやりたいことがないんだよね・・・」という人は、今回紹介した単発のバイトを始めてみて、やりたいことを探すのもありですね!

ということで、今回は以上です。

ABOUT ME
T@ペー
T@ペー
24歳の凡人サラリーマン。Fラン大学→地方の中小企業就職/マッチングアプリで出会った経験から、マッチングアプリ/汗っかきのため汗系について発信しています!週3日のペースでブログ更新中です。Twitterでも発信しており、フォロワー数3,550名を超えました。よろしければフォローもよろしくお願いしますm(_ _)m