人生

【事実】ゲームをしても目は悪くならないし頭は良くなる一方です

ゲームばかりしていると目とか頭が悪くなるってほんとなの??
親に「ゲームばっかりしてると目悪くなるよ!」とか「頭がバカになるよ!」とか言われるけど、実際はどうなの?

こういった疑問に答えます。

よくゲームばっかりしていると「ゲームばっかりしていると目悪くなるからね!」とか「ゲームばっかりしてるとバカになるよ!」と言われますよね。

たしかにゲームばっかりしていると目は悪くなるし、馬鹿になりそうにですが、実は真逆です。

結論を言うと、ゲーマーの方が様々な成績が良いですし目は悪くなりません。

今回は「ゲーム=目と頭が悪くなる」という世間のイメージを本記事で払拭してみせます。

※本記事は「脳はなにげに不公正」の内容を一部抜き取って紹介しています。

\おもしろい脳の豆知識が知りたい人におすすめ/
脳はなにげに不公平はこちら👉

ゲームをしても目は悪くならないし頭は良くなる一方

ゲームをしても目は悪くならないし頭は良くなる一方

科学的根拠を例に出して説明していきます。

ゲームをしている人は成績が良い

まず前提ですが、先進国の学校に通う子どもたちの9割が日常的にテレビゲームで遊んでいます。

また、子どもたちだけではなく家計主の実に7割(平均年齢33歳)が、ゲームに興じているというデータも。

それを踏まえたうえで、ジュネーブ大学のバヴェリエ博士の研究を紹介します。

バヴェリエ博士は、ゲームを良くする人としない人について、多くの能力を比較しています。

その結果、意外に思われるかもしれませんが、ゲーマーの方が様々な成績が良いことがわかりました。

たとえば、コントラストが不明瞭なシマ模様を0.5秒提示し、シマの向きを言い当てる試験を行うと、ゲーマーの方が3割ほど正答率が高いのです。

特にアクションゲームが好きな人にこの傾向が強いようです。

しかし、これだけではゲームをするから映像の判断が上手なのか、逆にもともと映像の判断が得意だからゲームが上手でハマりやすかったのか。その因果関係がわかりませんよね。

アクションゲームをすると動体視力と視覚判断力が高まる

因果関係を確かめるべく、バヴェリエ博士は別の調査を行いました。

若者たちを次のグループにランダムに半々に分け、毎日1時間、全50日間遊ばせるスケジュールを組みました。

  1. アクションゲームをするグループ
  2. テトリスや成長ゲームなどの一般的なゲーム

上記の調査を行った結果、アクションゲームのグループでは次の能力が高まりました。

  • 動体視力の向上
  • 視覚判断力の向上

しかも、この効果は訓練後1年以上も持続しました。

学習の速さと注意の制御力も高まる

アクションゲームは何にでも効果があるわけではありません。

成績上昇が確認されているものは次のようなものです。

  1. 複数のタスクを同時並行する能力
  2. 頭の中で立体図形を回転させる空間処理
  3. 数学
  4. 学習の速さ
  5. 注意の制御力

この中でも特筆すべきだとバヴェリエ博士が強調しているのが次の2つです。

  • 学習の速さ
  • 注意の制御力

上記のとおり。

学習の速さ

たとえば、さきほどのシマの向きを言い当てる試験では、ゲーマーは単に良い成績を取るだけではありません。

理解や習得のスピードが速く、決断も迅速でした。

注意の制御力

これは脳の活動を調べるとよくわかり、集中力が散らされる状況をわざと作り、脳活動の安定性を測定。

非ゲーマーは脳のあちこちが活動してしまうのに対し、ゲーマーは頭頂葉などの特定の部位がよく活動し、周囲のノイズに惑わされません。

ゲームをしても目は悪くならない

ゲームをすると目が悪くなるとよく言いますが、全くの無関係ですね。理由は以下の2点のとおりです。

  • 目の疲れと視力は無関係
  • 視力に最も影響を与える因子は遺伝

世間には「ゲームをすると視力が落ちる」と考えている人が多いかもしれませんが、実は逆だったのです。

かつては「暗い部屋で文字を読むと近視になる」という無根な説が流布していた時もありましたが。

もちろん今では否定されていますが、もし本当ならば映画館は最悪ですよね。

字幕の映画ならば、暗い密室で明るい光の中には文字が多く出てくるので、映画評論家の方は全員目が悪くなってしまいますね。

ゲームをやめる方法を紹介

ゲームをやめる方法を紹介

ゲームをやめて、勉強とか習い事をした方が自分のためになるので、今すぐゲームをやめるべきです。

ですが、そう簡単にゲームをやめることができないのも事実ですよね。。。ぼくも1度ハマったら何十時間とゲームをしてしまうタイプの人間なので、なかなかやめることができません。

なので、「強制的に」ゲームをやめることができるアイテムを紹介します。

少し前に話題となった「タイムロッキングコンテナ」です。

タイムロッキングコンテナ

タイムロッキングコンテナを簡単に説明すると、禁欲ボックスです。

  • ゲーム
  • スマホ
  • タバコ
  • お菓子

例えば上記のような「禁欲したい物」をタイムロッキングコンテナに入れるだけです。

タイムロッキングコンテナに入れた物は、設定した時間内には開けることができず、壊すことも不可能。そのため強制的に禁欲することができるというわけです。

制限する期間は最短で1分〜最長で10日。繰り返しですが、厚くて丈夫な素材でできているため、ハンマーやトンカチなどで叩いても壊れません。

そのため、ゲームをやめるアイテムとしては最高ですね。

タイムロッキングコンテナを使った人の感想

実際にタイムロッキングコンテナを使った人の感想は、下記のツイートのとおりです。

使い方は人それぞれで、ゲームを入れる人もいればスマホやクレカ、テレビのカードなどを入れる人も。

禁欲することで仕事や勉強が捗るので、ゲームをやめたい人にはステマなしでおすすめですね。なお、タイムロッキングコンテナについては、スマホやゲームのやりすぎに最適!タイムロッキングコンテナ!で詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

というわけで今回は以上です。

ABOUT ME
T@ペー
T@ペー
24歳の凡人サラリーマン。Fラン大学→地方の中小企業就職/マッチングアプリで出会った経験から、マッチングアプリ/汗っかきのため汗系について発信しています!週3日のペースでブログ更新中です。Twitterでも発信しており、フォロワー数3,550名を超えました。よろしければフォローもよろしくお願いしますm(_ _)m