ブログ

【要注意!】ドメインから個人情報がネットに公開されている!?

【要注意!】ドメインから個人情報がネットに公開されている!?

こんにちは、普段は恋愛系のブログを書いているTです。

本業でちと、ドメインに関する知識が蓄えられたので、メモ書き程度に残しますm(_ _)m

独自ドメインを取得した人(ブロガーなど)は、1度自分のドメインを調べてみるのがオススメ。

もしかすると、ドメインから個人情報が丸見えになっている可能性がありますよ。

ドメインからあなたの個人情報がネットに公開されている!?

ドメインからあなたの個人情報がネットに公開されている

Whois検索より、あなたの個人情報が公開されているかもしれません。

Whoisとはなんぞや?

Whoisとは簡単に説明すると、「このドメインは誰のものなのか知らせる情報」です。

詳しくは下記をご覧ください。

インターネットで使用されるIPアドレスやドメインは、それぞれに登録者が決まっており、IPアドレス登録者やドメイン登録者には、一定の情報をWHOISで提供することが義務付けられています。
この登録者の情報を照会するサービスをWHOISと言います。

               引用:https://www.cman.jp/network/term/whois/

ドメインを取得した人は必ず、情報をWhoisに提供しなくてはならず、おそらくドメインを取得した際に、個人情報を入力したかと。

そのため、Whois検索をかけることで、ドメイン所有者の個人情報が丸分かりというわけです。

ドメインから個人情報が公開されているのか調べる方法

こちらからWhois検索をかけ、個人情報が公開されているのか調べることができます。

Whois検索

「Domain Name」にあなたのドメインを入力し、「WHOIS情報を検索」をクリック。

ドメインとは、当ブログでいうと「tt-lifeblog.com」の部分です。

Whois検索結果 Whois検索の結果2

検索結果を見ると、わけのわからない文字列がツラツラと並んでいますよね。

ここで見るべきポイントは「Registrant〜Tech」の部分のみです。

Whois検索結果3

この部分に以下の個人情報が掲載されいる場合があります。

  • ドメイン取得時に入力した名前
  • ドメイン取得時に入力した住所
  • ドメイン取得時に入力した電話番号
  • ドメイン取得時に入力したFAX番号
  • ドメイン取得時に入力したメールアドレス

上記の画像のような、「Registrant Name:Whois Privacy Protection Service by onamae.com」などと掲載されていた場合は、あなたの個人情報は公開されていません。

また、当ドメインの場合は「〜onamae.com」と掲載されていましたが、人により掲載されている情報は違います。

なので「Registrant〜Tech」の部分に、あなたの個人情報が掲載されていないことを確認してもらえればOKです。

Whois検索で個人情報が掲載されていた場合の対処法

Whois検索で個人情報が掲載されていた場合の対処法

Whois検索をかけた際に、もしあなたの個人情報が掲載されていたら、どうしたら良いのか。

結論ですが、「Whois情報公開代行サービス」を設定しましょう。

Whois情報公開代行サービスとはなんぞや?

Whois情報公開代行サービスとは、「Whois上の個人情報をドメイン提供している会社の情報に代えます」というサービス。

詳しくは下記をご覧ください。

Whoisとは、ドメインの保持者の氏名、住所、電話番号などの登録者情報を誰でも閲覧できる情報提供サービスです。登録者情報はICANN(※)より一般公開することが義務づけられています。

Whois情報公開代行サービスをご利用いただくことで、ドメイン保持者の登録情報から「お名前.com」の情報に代えたうえで一般公開することができます。これによりドメイン保持者のプライバシーが保護されます。

引用:https://www.onamae.com/service/d-regist/option.html

さきほどWhois検索をかけた際に、個人情報が掲載された人とされなかった人との違いは、「Whois情報公開代行サービス」です。

あなたがドメインを取得した企業(お名前.comやムームードメイン)より、Whois情報公開代行サービスの設定ができます。

Whois情報公開代行サービスの設定方法

当ドメインはお名前.comで取得したので、お名前.comでの設定方法を解説します。

※なお、Whois情報代行サービスは無料です。

Whois情報公開代行サービス設定方法

お名前.comにログインし、左上の「ドメイン」をクリックします。

Whois情報公開代行サービス設定方法

Whois情報公開代行サービスを設定していない人は、「Whois情報公開代行」にチェックがついていないかと思います。

なので右上の「ドメイン機能一覧」をクリック。

Whois情報公開代行サービス設定方法

ずーっと下にいくと「Whois情報公開代行」があるので、クリックします。

Whois情報公開代行サービス設定方法

当ドメインはすでにWhois情報公開代行を設定済みなので、設定済みになっていますが、未設定の人は、対象のドメインにチェックをつけ、「確認」をクリック。

あとはお支払い方法を入力すればOKです。

Whois情報代行サービスを設定後、ふたたびこちらからWhois検索をかけ、個人情報が公開されていないかチェックしてみてください。

お名前.comではWhois情報公開代行サービスの変更に料金がかかる

ドメインを新規取得した際に、Whois情報公開代行サービスにチェックを入れれば、無料でWhois情報公開代行サービスを使い続けれます。

しかし万が一、新規取得時にチェックをし忘れ、使用中のドメインに対してWhois情報公開代行サービスを設定すると、約1,000円/月かかります。。。

しかもお名前.comの場合、デフォルトでチェックが外れているので、かなりの落とし穴です。

ムームードメインですと、設定変更に料金がかからないのですがね・・・。

補足:「月1,000円も払えないから解約しよう」
と思っても、解約までに1〜2ヶ月ほどかかります。。。
1〜2ヶ月もの間、個人情報が公開され続けるのはヤバいので、諦めて課金するのがベストかと・・・

まとめ:セキュリテイ対策は万全に

まとめ:セキュリテイ対策は万全に

まさかドメインから個人情報がわかるなんて、想像もしてませんでしたねぇ。

個人ブログをやっている人は、プラグインやセキュリティソフトなどの対策よりも、まずはドメインやサーバーのセキュリテイ対策をした方が良いですね。

SSL化はもちろん、WAFを導入してみるのもありかも?

というわけで、また本業で何か新しい知識を蓄えましたら、またツラツラと書いていきますm(_ _)m

今回は以上です。

【証拠あり】恋活・婚活サイトはエックスサーバーでも問題なし!
【証拠あり】恋活・婚活サイトはエックスサーバーでも問題なし!恋活・婚活系のブログを始めようと思っていて、いろんなサイトを見るとエックスサーバーで立ち上げるのが1番良いらしいなぁ。でも、エックスサーバーだと恋活・婚活系のサイトは規約でNGになってるらしい・・・。こういった悩みに僕が実際にエックスサーバーに問い合わせた結果を紹介したいと思います。...
ABOUT ME
T@ペー
T@ペー
24歳の凡人サラリーマン。Fラン大学→地方の中小企業就職/マッチングアプリで出会った経験から、マッチングアプリ/汗っかきのため汗系について発信しています!週3日のペースでブログ更新中です。Twitterでも発信しており、フォロワー数3,550名を超えました。よろしければフォローもよろしくお願いしますm(_ _)m