人生

【時代遅れ】ブレインストーミングは意味がないからさっさとやめよう

ブレインストーミングって意味なくない?
会議とか新しいグループを作った時にやるのが定番だけど、はっきり言っていらないと思うなぁ。
特に生産性が上がるわけでもないし、コミュニケーションが取りやすくなるわけでもないし・・・。
実際のところ、ブレインストーミングって意味あるの?

こういった疑問に答えます。

本記事の内容は次のとおりです。

  • 【時代遅れ】ブレインストーミングは意味がないからさっさとやめよう
  • これからの時代はブレインライティング

会議や新しいグループやチームを組んだ時に、初めにブレインストーミングを行う所は多いですよね。親睦を深めるために自由な意見を言い合い批判しないこのテクニックは、世界中で使われている有名な方法です。

しかし会議にブレインストーミングを使うのは大間違いです。意味がありません。

そこで本記事では、「ブレインストーミングは意味がない理由」と「これからの時代はブレインライティング」の理由について解説していきます。

※本記事は、DaiGoさんの「超時間術」の内容を一部抜き取って紹介しています。また、当ブログはDaiGoさんが出版している心理学に関する本を約10点ほど扱った記事があるので、気になる人はこちらからお探しください。

\DaiGoさんから心理学を学びたい人におすすめ/
DaiGoさんの本はこちら👉

【時代遅れ】ブレインストーミングは意味がないからさっさとやめよう

【時代遅れ】ブレインストーミングは意味がないからさっさとやめよう

繰り返しですが、ブレインストーミングは意味がないです。

なにもぼくが、ブレインストーミングが嫌いだからとか楽しくないからとかの理由で言っているわけではなく、「科学的根拠でブレインストーミングは意味がない」ことが証明されています。

ブレインストーミングは創造性が下がってしまう

ブレインストーミングを行うことで、創造性が下がってしまうことを多くの研究により証明されています。

心理学者のエドアルド・サラス博士による調査では、ブレインストーミングについて800グループもの生産性を調べて、大きな結論を出しました。

その結果は、ブレインストーミングの完敗でした。

ほとんどの人は、みんなとアイディを出し合うよりも個人で考えた方がオリジナリティの高い発想を生み出せたのです。

上記のデータによれば、ブレインストーミングで創造性が下がってしまう理由は3つあります。

  1. 他人を批判するなと決めていても、やはり大半の人は他人の前で自分の意見を話すのには抵抗がある。
  2. どうしても上司のアイディアの方がほめられやすい傾向がある。
  3. グループで意見を出し合うため、自然と努力をしなくなるメンバーが現れる。

人間は他人からの批判を恐れる生き物ですし、仕事をしている以上組織の上下関係を無視して意見を言うのは困難です。

その意味で、ブレインストーミングには根本的な欠陥があると言えます。

これからの時代はブレインライティング

これからの時代はブレインライティング

ブレインストーミングはオワコンですが、完全に終わったわけではないです。

ブレインストーミングの欠点を補うテクニックとしてブレインライティングがあります。

ブレインライティング

テキサス大学などが検証を進めていて、良い成果が出たとの報告が多く出ているブレインライティング。

ブレインライティングは5つのステップで構成されています。

  1. 解決したい問題や疑問を決める。
  2. その問題に対するアイディアを各自10~15分かけて思いつく限り紙に書く。
  3. 書いた紙を隣の人に手渡し、自分の隣の人から紙をもらう。
  4. 隣の人から渡された紙に書かれたアイディアを見て、また10~15分かけて自分の意見を書き足す。これを会議に参加した人数分繰り返す。
  5. 最後にすべての紙を集めて全員で検討する。その紙に書かれたアイディアが誰のものなのかは明かさない。

上記のとおりです。

ブレインライティングならブレインストーミングと違い、人前で話す不安はありませんし、加者の意見をすべて拾い上げることができます。

さらに効果が高い方法は高速ブレインライティング

さきほど説明したブレインライティングに慣れてきたら、高速ブレインライティングを試してみるのがおすすめ。

アイディアの書き出しとレビューをスピーディーに繰り返す方法で、こちらもテキサス大学の研究で高い効果が実証されています。

高速ブレインライティングは4つのステップで行います。

  1. 解決したい問題や疑問を決める。
  2. 8分かけてアイディアを紙に書き出し、隣の人に手渡す。
  3. 3分で隣の人からもらった髪をレビュー。
  4. 会議に参加した人数分繰り返す。

現役のビジネスマンを対象にした実験では、高速バーションの方が普通のブレインライティングよりも74%もアイディアが出やすくなったとか。

もちろん、最初のうちは高速のアイディア出しに追いつけない可能性が高いので、まずは普通のブレインライティングで頭を慣らしてから行うのがおすすめです。

会議や打ち合わせなどで時間を無駄にしないためにも、明日からの会議はブレインライティングを実践してみてください。

では今回は以上です。

ABOUT ME
T@ペー
T@ペー
24歳の凡人サラリーマン。Fラン大学→地方の中小企業就職/マッチングアプリで出会った経験から、マッチングアプリ/汗っかきのため汗系について発信しています!週3日のペースでブログ更新中です。Twitterでも発信しており、フォロワー数3,550名を超えました。よろしければフォローもよろしくお願いしますm(_ _)m